220622長期収載品(先発品の一部)について

皆様に目を通してもらいたい資料とリンクを貼ります。

まずJGAのサイトの原薬製造国状況➁の資料(H29)より、現在、長期収載品(先発品)の原薬生産国の国内と海外の比率は、後発品と同じような状況です。元々長期収載品になる前から、先発品の原薬も海外で生産していたかもしれませんが、長期収載品の原薬の半分程度が海外で生産されています(現在増えているかもしれません、かつ海外製がどうしてもいかんと言うなら先発品も使えなくなります)。リンク

添加物は、先発品も後発品も、「医薬品添加物規格」に基づきます。先発品と後発品で品質基準に違いはなく同じです。資料リンク

また、今後、長期収載品の薬価を段階的に後発品価格まで引き下げる「G1・G2ルール」が適用され、薬価がもっと下げられていく予定ですが、現時点の値下げ率はリストをご確認下さい。資料リスト①資料➁ 現在開発製造メーカーの変更が散見されますが、このリストを見ると、先発品メーカーからも、まだまだ長期収載品が開発製造されていることがわかります。やはり長期収載品になる前から、先発品の原薬の生産国も海外製であることが推測されます。海外製も安心して使える証拠ではないでしょうか。

さらに、長期収載品で後発品価格への引き下げが実施されている品目について、このサイトでは、赤で示した先発品の下に「後発品価格の長期収載品」の記載を追加しました。以上から想像するに、一般名処方が医療機関の収益に繋がる匂いがプンプンします。

20220530アンケートのお願い(とりあえず6月いっぱい6/29まで)。

学会かこのHPでの結果の公表を目標に、医療関係者(今回は医師や薬剤師)向けに、ジェネリック医薬品についてのアンケートを実施します。

もしお時間があれば、5-10分下さい。宜しくお願い致します。

ご指摘頂き、文章を若干修正しました。もし改めてご回答頂けるようでしたら、新しい結果を採用させて頂きます。

医療関係者向けのインターネット上の調査なので、お名前等個人情報の記載をお願いしています。申し訳ありませんが、記載がないとカウントしないことにしているので、前向きにご検討お願い致します。

【医師向け:第1回】

【薬剤師向け:第1回】

医師向け、薬剤師向けとして現場向けのアンケートにしていますが、大学の先生や企業の方もどうぞ。また看護師さんや、国や都道府県の行政の方もどうぞ。その際は勤務先に、勤務先と看護師あるいは行政と記載下さい。回答頂いた方がどなたかは口外しません。お気軽にどうぞ。学会であったら一杯位おごりますよ。ご意見勉強になります。次回に繋げたいと思います。質問事項だけでも見て欲しいです。

20211011

20210927

内用薬と外用薬において、後発品のみの、成分、剤形、規格に、【AG】【薬品名の印字】【割線有】【後発品のみ】等と、コメントを残しました。少し遅れましたが、調べは21年4-5月のものです。ご参考にして頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

211011

注射用薬において、上記と同じように、後発品のみの、規格に、コメントを残しました。

また、一般名処方と剤形が分かりにくい、内用薬のニフェジピン、テオフィリン、バルプロ酸ナトリウム、オキシコドン塩酸塩水和物に、外用薬のヘパリン類似物質、チモロールマレイン酸塩、カルテオロール塩酸塩等のページに、一般名表示を追加しました。よろしくお願い致します。

20210831 ジェネリック医薬品採用(使用)に悩んでいる医療関係者さまへ

製薬協に加盟する、先発品のメーカーだと思われている製薬会社からも、後発品が開発製造されています(実はディープな話、後発品メーカーだと思われている製薬会社からも、先発品が開発製造されています)。

私が今年(2021年)の新春に調査したデータを公開します。詳細はメーカーのHPで確認してみて下さい。

先発品メーカーの造る後発品、後発品メーカーの造る先発品リスト

“20210831 ジェネリック医薬品採用(使用)に悩んでいる医療関係者さまへ” の続きを読む

20210827

先発医薬品の添加物の変更や原料や基剤の変更等の情報を集めました。同じでなくなっても、同等性は担保されているので同じ臨床効果が期待できます。この点はジェネリック医薬品も同じです。先発品の変更をご確認頂けたら幸いです。

先発医薬品の変更について

20210817

各薬剤、薬効別、医療用医薬品リストに、「肝臓・腎臓に対する添付文章上の記載」と「妊娠・授乳に対する添付文章上の記載(禁忌記載であれば赤色とす)」を追加しました。文章を統一したかった為、少しだけ編集しています。「妊娠・授乳に対する添付文章上の記載(禁忌記載であれば赤色とす)」について、最新の情報は「妊娠と授乳」や愛知県薬剤師会の「よくある不安や疑問に応える妊娠・授乳と薬のガイドブック」等専門書を参考にして下さい。データは21年7月までの情報に基づくので最新の情報は別に確認下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

20210203

お待たせして申し訳ございません。後発品がある医薬品の、錠剤・OD錠・カプセル剤の画像を付けました(先発品のみの薬・睡眠薬・麻薬・覚せい剤原料は除く)。基本的にはシートのデザインの確認に利用頂けたら幸いです。

因みに、画像は拡大できません。スマートフォンで見ると、見やすいかもしれません。お試し下さい。外用薬について、反響をみて検討します。宜しくお願い致します。

200401

お待たせして申し訳ございません。データのファイル形式の掲示を止め、かつ1年かけて添付文書とインタビューフォームを医薬品の一覧に添付し、サイトをリニューアルしました。少しずつですが、さらに改良する予定です。メニューの「製造工夫情報」にツリー構造がありますが、時間がある時に検索窓より、医薬品を検索してみて下さい。

添付ファイルを開けないときはブラウザーを変えて下さい。あと、添付文書やインタビューフォームは、クローリングして入手していません。並びにアプリ化もしていません。因みに、資料の添付は『インターネット等を活用した著作物利用の円滑化を図るための措置』に基づきます。関係機関に迷惑をかけるつもりは毛頭ありません。さらに、当サイトはcookieを利用しています。ご了承下さい。もし削除したいなら、履歴を消去下さい(参考サイトへ)。

情報はできるだけ新しくするつもりですが、遅れることがあります。当サイトは参考として、最新の情報を確認して下さい。宜しくお願い致します。

171221

薬剤師の小泉と申します。他の薬剤師の先生方と一緒にジェネリック医薬品の調査を続けてきました。結果、小泉個人としての見解として、医療関係者は忙しく調べ切れていないのではないかと結論に達しました。その為、忙しい医療関係者に対して、日本薬剤師会が作成されたオレンジブックや、ジェネリック医薬品品質情報検討会が作成されたブルーブックとは異なる、主として製剤項目の一覧を私は作成しました。医療関係者専用にしたのは、医療情報は医療従事者が適正に評価判断するものだからです。これによって、社会に対して、少しでもジェネリック医薬品の普及に協力出来たら幸いです。随時更新します。ご利用頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。